高天神城つくってみた

高天神城(たかてんじんじょう)

住所 静岡県掛川市下土方嶺向

概要

 今川氏の城であった高天神城でしたが、今川氏の衰退とともに徳川家康の城となりました。その後、遠江(静岡県西部)支配をかけて徳川家康と武田信玄、勝頼がこの高天神城をめぐり激しい争奪戦を繰り広げることとなりました。

 高天神城は三方を崖に囲まれた標高130mの丘陵の先端にあり、本丸と西の丸を中心とした二つの峰を中心に曲輪を配置し、横堀、土塁によって守られる一城別郭と呼ばれる山城です。