諏訪原城つくってみた

 諏訪原城(すわはらじょう)
場所    静岡県島田市金谷
概要
  諏訪原城は武田氏の遠江(静岡県西部)攻略の拠点として築城されました。
  牧之原台地の崎に築かれた城で、三方が崖に囲まれ、残る一方を巨大な堀などで防御しています。また三日月堀や丸馬出などが特徴的的なお城です。
本曲輪の三方が崖になり戦闘面が一方に特定されている。
*国土地理院の電子地形図(標準地図・色別標高図)に城名及び箇所を追記して掲載して掲載
高天神城、小山城とともに駿河の防衛を担うとともに、高天神城への補給線確保の拠点を担っていた。

*国土地理院の電子地形図(標準地図・色別標高図)に城名及び箇所を追記して掲載して掲載